アイキャッチ|講座|筑波大学エクステンションプログラム

お父さん・お母さんのための少年野球科学的コーチング講座

~ベーシック編~
講座|筑波大学エクステンションプログラム

スポーツ科学は実践で活かされてこそ光り輝く

スポーツは本来、いろんな意味での知性がないと難しいものです。そこで、誰もがそれを理解し提示するために、科学という手段があります。そして、感覚と科学的に裏打ちされた理論を組み合わせれば、さらなるレベルアップにもつながっていきます。元プロ野球選手の吉井理人さん、仁志敏久さんも本学に通い、ともに野球を科学的に掘り下げ、そう感じた方々でした。

大人になった時に手遅れにならないためにも、子供たちには正しい理論を広めていくことが大切であり、一流選手が持つ感覚を「科学的なアプローチ」で指導し、早いうちに一生モノの基礎を身に着け実践に活かして欲しいです。(川村)

概要
お子さんの健やかな成長を願わない親はいません。しかし、一生懸命に指導することが時には子供たちへ間違った技術を身に着けさせたり、けがをさせたりする可能性があります。特に少年期の野球指導は大人になってから与える影響が大きく、配慮しなくてはならないことが沢山あります。

これまで本学体育系野球コーチング論研究室は様々な科学的研究と豊富な指導経験から少年期に有益な野球のコーチングを探求してきました。その成果を、野球少年少女を持つ保護者の皆さんにお伝えすることがこの講座の大きな趣旨です。野球経験がない方にでもご理解できるように、さらには難解な科学用語などは使わずに難しい野球指導の理論について、動作指導を兼ねながらご説明いたしますので、どなたでもお気軽にご参加ください。
講師
川村 卓(かわむら たかし)氏
筑波大学体育系准教授・硬式野球部監督
野球方法論、コーチング学専攻
動作解析、一流選手の特徴など、科学的なアプローチにより分析するスポーツ科学の専門家。小学生の野球教室や筑波大学硬式野球部監督として日々指導を行っており、プロ野球選手や甲子園出場校の監督などの卒業生を輩出している。

金堀 哲也(かなほり てつや)氏
筑波大学体育系特任助教
野球力プログラムアドバイザー
つくば少年野球アドバイザー
首都大学野球リーグ首位打者1回、ベストナインプログラムのアドバイザー。「野球における選手および指導者の着眼点に関する研究」や「野球肘選手の投球動作に関する研究」を主なテーマとし研究を続けている。

片山 利恵(かたやま りえ)氏
NPO法人健康早稲田の杜 事務局長
特定保健指導 統括責任者
高校時にはマネージャーとして甲子園に出場。大学では運動生理学を専攻し、管理栄養士を取得。 筑波大学大学院では運動栄養学を専攻。現在都内の大学にて特定保健指導(メタボ指導)を担当。筑波大学硬式野球部寮の栄養サポートを行っている 。
開催日程
場所:筑波大学 春日キャンパス内 高細精医療イノベーション棟2F206号室
(毎回19:00-21:00 全6回)
1回目
1/12(木)
少年野球のコーチングに必要な知識川村 卓
2回目
1/19(木)
少年野球の投球指導川村 卓
3回目
1/26(木)
少年野球の打撃指導金堀 哲也
4回目
2/2(木)
少年野球の守備指導金堀 哲也
5回目
2/9(木)
少年野球の走塁とトレーニング川村 卓
6回目
2/16(木)
308号室「スポーツ食育と栄養学」(単回聴講可)

スポーツ選手の食事はタイミングが重要です。運動量の向上やベストなカラダ作りに必要な栄養摂取方法、スポーツ栄養の基本的な知識について紹介します。
片山 利恵
受講対象者
小中学校少年野球の監督ならびにコーチ・保護者対象
受講人数
30名(最少催行人数:15名) 先着順

※定員になり次第締切
受講費用
全6回 36,000円(税込)

※テキスト費用を含む
※特別受付「スポーツ食育と栄養学」(2/16(木))のみ受講の場合は 3,000円(税込)
※講義のほかに動作指導があります。動きやすい服装でお越しください。
修了証発行
3分の2以上のプログラムに参加した受講者には、筑波大学発行の受講修了証が授与されます。
受付期間
2017年1月5日(木)まで
開催方法 実技
定 員 30名
受講料 36,000
受付期間 2017年1月5日(木)まで
受付は終了いたしました

※受講料は、消費税が含まれています。