アイキャッチ|講座|筑波大学エクステンションプログラム
リモートワークによるメンタルの低下を対象に講義します!

アフターコロナ時代を見据えてのリモートワークにおけるメンタルヘルスマネジメント講座

講座|筑波大学エクステンションプログラム
概要
昨年より続くコロナ禍で急遽リモートワークを導入した企業が多い中、その運用結果のメリットとデメリットが明確になって来ています。また最近の
第5 波の収束後のアフターコロナ時代を見据えては、全員が出社形式に完全に戻るという企業も多くはなく、各企業で試行錯誤が繰り返されています。このような時代にあって、多くの企業の管理職にとって、リモートワークにおける部下のマネジメントが難しいとの声が多く、特にメンタルヘルスマネジメントの難しさが多く報告されています。そこで、産業精神医学・宇宙医学が専門の当大学の講師陣が、オーソドックスなパターン対応から、科学的知見に基づく最新の対応、そして独自視点での対応まで俯瞰的視野からこの対応策について検討し解説する講座を開設します。
講師
笹原 信一朗(准教授)
大井 雄一(助教)
道喜 将太郎(助教)
堀 大介(助教)
髙橋 司(助教)
開催日程
2022年2 月9 日(水)13時~
2 月9 日(水)
時間内容講師
13:00~13:10 13:00より接続開始できます
13:10~13:401. テレワークによる心身の負担軽減のヒント
<テレワークで問題となっている状況について各種学術研究をもとに紹介する>
笹原 信一朗 
13:40~14:102. リモート会議でのストレス軽減のヒント
<ズーム疲れにおける現状とその対策について各種学術研究をもとに紹介する>
道喜 将太郎 
14:20~14:50 3. テレワークでの孤独対策のヒント
<テレワークにおける孤独との付き合い方を紹介する>
高橋  司
14:50~15:204. テレワークでのコミュニケーション不足を解消するヒント
<テレワークのコミュニケーション不足に対して対話を理解し活用する方法を紹介する>
大井 雄一
15:20~15:505. コロナ禍で不足しがちな感謝を伝えるヒント
<感謝を伝える事によるエビデンスを紹介する>
堀  大介 
受講対象者
ご興味のある方・一般の方・企業の方など
受講人数
先着100名まで(最低開講人数10名)
受講費用
一  般 : 20,000円(税込)
企業割り: 1社10名まで100,000円(税込)(10名以上は10名未満単位で10万ずつ加算)
修了証発行
全講座に参加した受講者には、筑波大学発行の受講修了証が授与されます
受付期間
2022年1月23日(日)まで
開催方法 リアルタイムオンライン
定 員 100名
受講料 20,000(一般)
受付期間 2022年1月23日(日)まで

※受講料は、消費税が含まれています。