• 文字サイズ:
    • 標準
    • 特大
開く

第2回グローバル医薬品・医療機器開発マネジメント講座

~第2回グローバル医薬品・医療機器開発マネジメント講座~

チラシをダウンロード



受講受付は終了いたしました。

趣旨

昨今、産業界では、 開発初期からグローバル展開を見据えてアンメットメディカルニーズに応える新規事業を立ち上げられる人材の需要が急速に高まっています。一方、 アカデミアでも日本医療研究開発機構(AMED)等への申請に代表されるように、出口戦略(事業化/起業)を見据えて、 研究成果から革新的医療技術を創出する手腕が要求されています。

 本講では、医薬品・医療機器の開発およびビジネス戦略に関する講義、グループワークでの『ニーズ/シーズに基づいたアイデア創出・ビジネスプラン策定』の模擬体験を行います。ファシリテーター・チューターには、経験豊富な各領域の臨床家、ベンチャーキャピタリストも参加します。研究者・  医療者・ビジネス界での異分野交流をグループワークで行うことで、イノベーションをマネジメントする知識と技量を学び、人脈形成と相互理解、実践力が身に付く講座です!

プログラム実施 講師

【プログラムオーガナイザー&レクチャー講師】
 荒川 義弘  筑波大学つくば臨床医学研究開発機構長、
        附属病院長補佐 医学医療系教授

         専門は神経化学、創薬科学、臨床薬学、臨床試験方法論。
         PMDA科学委員会委員、厚労省薬事・食品衛生審議会医療機器・
         体外診断薬部会委員、同再生医療等製品・生物材料安全部会委員
                         を兼務


【レクチャー講師&ファシリテータ―】
 
池野 文昭 筑波大学客員教授  
       Stanford BioDesign Program Gobal Committee Member
       MedVenturePartners株式会社取締役CMOを支援
                       MD、ベンチャー育成を通じて医療機器開発イノベーション
                          を支援

【ファシリテーター】
 松本 正  筑波大学客員教授
        株式会社レクメド 代表取締役社長
                        MBA、医薬バイオベンチャーの経営、起業家育成に貢献

【レクチャー講師】
 
吉田 易範 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
         臨床研究・治験基盤事業部長
                        AMED立ち上げとともに、PMDAからAMED臨床研究・治験
                          基盤事業部長に着任。革新的医療技術創出拠点の指導等を通
                          じてアカデミア発創薬等の支援を行っている

 髙江 慎一 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
         医療機器審査第一部長・薬剤師

                           厚生省(現厚生労働省)に入省後、医薬食品局・医政局内
                          の他、環境庁(当時)、OECDなどへの異動を経て現職

 山本 信行 筑波大学つくば臨床医学研究開発機構
         マネジメント部副部長      
         国際産学連携本部 教授(産学連携)

                           アステラス製薬(株)の研究企画部門、製品企画部門、国
                           際開発部門、プロジェクト推進 部門、研究推進部門、研究
                           戦略部門を経て2012年6月より現職

【チューター】
                            つくば臨床医学研究開発機構の以下の専門教員
                     国際経営、医薬開発、 医療機器開発、 
レギュラトリーサイエ
                       ンス、循環器内科、  脳神経外科、整形外科、消化器外科

開講日程


場所:筑波大学東京キャンパス

日程:
7月8日(土)10:00~17:00
【講義】10:00~12:00 
 ◆医薬品・医療機器の開発とPMDAの支援
    講師:PMDA医療機器審査第一部長 髙江慎一
 ◆アカデミア発の革新的医薬品等創出に向けたAMEDの支援について
    講師:AMED臨床研究・治験基盤事業部長  吉田易範
【グループワークとピッチ】12:00~17:00
 テーマ:特許技術(シーズ)に基づいたビジネスモデルの構築
 ・グループワーク(チューター相談含む)
 ・ピッチ発表

7月15日(土)10:00~17:00
【講義】10:00~12:00 
 ◆橋渡し研究拠点における出口戦略
    講師:筑波大学 医学医療系教授 荒川義弘/ 産学連携教授 山本信行 
 ◆Stanford大学における医療系起業家育成プログラム
    講師:Stanford BioDesign Program Gobal Committee Member 池野文昭
【グループワークとピッチ】12:00~17:00
 テーマ:メディカルニーズの解決策を講じるアイデア・ビジネスプラン構築
 ・グループワーク(チューター相談含む)
 ・ピッチ発表

7月22日(土)10:00~17:00
【講義】10:00~13:00 
 ◆特別基調講演「医薬品開発のグローバルビジネス戦略 」
    講師:第一三共㈱代表取締役副社長執行役員 廣川和憲
 ◆AI・ロボットの医療応用とベンチャー起業への挑戦
    講師:筑波大学 システム情報系教授 鈴木健嗣
【グループワークとピッチ】12:00~18:00
 テーマ:新規モダリティの医療技術(融合分野、ITなど)
 ・グループワークかパネルディスカッション
 ・ピッチ発表

 ※懇親会を予定しています。(全員参加)18:30~20:30
  5,000円程度の費用を当日回収いたします。


受講対象者

医薬・医療機器分野の基礎知識を持ち、将来のグローバルマネージャーとしての活躍をめざす個人、企業派遣による社会人、並びに自らの領域で事業化・起業を目指すアカデミア研究者
※本学大学院生は別途ご連絡下さい。ext_pro16@un.tsukuba.ac.jp

受講人数

25名程度 ※グループワークの実践講座もあるため応募状況により調整させていただく場合もございます、予めご了承ください。

受講費用

【3日間+昼食代含む】

  一般 75,000円(税込)
  アカデミア・医療機関・政府機関 33,000円(税込)

【懇親会費用】
  5,000円程度 場所などは後日お知らせします。
  

修了証発行

3日間、午前、午後全てのプログラム3日間に参加された方には、筑波大学発行の受講修了証が授与されます。

受付期間


期間延長致しました!

6月19日(月曜日)まで 

6月23日(金)まで

学習のしかた

土曜日3回の講習を行います。

■午前 講義による知識学習

■午後 1グループ5名ほどで 

構成されるグループワーク午前と午後の構成組み合わせにより、製品開発・国際ビジネス展開に関する参加型学習をおこないます。

グループ活動を促進するため、 医薬品・医療機器開発の実務知識を有するファシリテーターを配置するとともに、 臨床医学、医薬開発、薬事、  国際ビジネスに関する専門家がチューターとしてグループワークのサポートを提供します。

この機会にぜひ革新的・独創的・デザインシンキングに基づく医療ソリューションを体感してください!





開講場所

筑波大学東京キャンパス(地下鉄メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車徒歩3分)
https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html