• 文字サイズ:
    • 標準
    • 特大
開く

FORTRAN初級講座でミクロ世界の物理学を学ぼう

FORTRAN初級講座でミクロの世界物理学を学ぼう

チラシをダウンロード



 募集期間10月1日(日)まで延長しました!

趣旨


筑波大学計算科学研究センターでは、様々な分野の計算科学の研究に取り組んでおります。原子核物理学の分野では、自然界に存在する原子核に加えて、超新星爆発後に生まれる巨大な原子核(中性子星)、宇宙で生成消滅を繰り返す原子核など、元素誕生の謎を解く鍵になるその構造や反応の解明を目指しています。本講座では、FORTRANプログラミングの基礎から始めて、古典力学と量子力学の方程式を数値的に解き、シミュレーションを通して、ミクロ世界の物理学を学びます。座学3回とプログラミング演習9回の講座です。


講師

計算科学研究センター 原子核物理研究部門/教授 中務 孝

計算科学研究センター 原子核物理研究部門/講師 橋本 幸男

計算科学研究センター 原子核物理研究部門/助教 日野原 伸生

 

プログラム内容


1日目

10月14日(土)2日目10月15日(日)

第1回
実践

13:30~14:00

FORTRAN プログラミングの基礎 1

端末室PCの使用法、エディターの使い方 コンパイル、実行

第7回
座学

13:30~13:50

「マクロ世界の法則」

古典力学、ニュートンの運動方程式

第2回
実践

14:00~14:30

FORTRAN プログラミングの基礎 2

IO、データ型、四則演算

第8回
実践

13:50~14:30

実践プログラミング 1

運動方程式の解法

休憩(15分)休憩(15分)

第3回
実践

14:45~15:15

FORTRAN プログラミングの基礎 3

ループ演算、配列、可視化

第9回
座学

14:45~15:15

「ミクロ世界の法則」

量子力学、シュレディンガー方程式

第4回
座学

15:15~15:45

「微分・積分と微分方程式」

本講座で必要な初等的数学について

微分・積分 / 微分方程式

第10回
実践

15:15~15:45

実践プログラミング 2

時間依存シュレディンガー方程式の解法

休憩(15分)休憩(15分)

第5回
実践

16:00~16:30

プログラミング演習 1

微分・積分の数値計算

第11回
実践

16:00~16:30

実践プログラミング 3

量子トンネル現象のシミュレーション

第6回
実践

16:30~17:00

プログラミング演習 2

1階常微分方程式の解

第12回
実践

16:30~17:00

実践プログラミング 4

量子トンネル現象のシミュレーションの続き

簡単なアニメーション作成

17:00~17:30まとめ&修了式


開講日程

1日目 2017年10月14日(土)  13:30~17:00

2日目 2017年10月15日(日)  13:30~17:30 

受講対象者

PCの利用に慣れている方で、FORTRANプログラミングに興味があり、物理のシミュレーションをしてみたい方

受講人数

15名 先着順 (最少人数10名)

受講費用

30,000円(税込)

 

受付期間

募集期間10月1日(日)まで延長しました!

9月15日(金)まで

受講者決定は、10月3日(火)に

受講者決定は、9月19日(火)に ご登録いただいたメールに送信いたします。

 

修了証発行

 
  
 全2日(全プログラム)を受講された方は、筑波大学発行の受講修了証が授与されます。

開講場所

 
  筑波大学  1D棟 サテライト室1D301
  (〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1)


◆バス利用の場合
TXつくば駅下車、A3、A4出口から、つくばセンター(バスターミナル)へ、つくばセンターバス乗り場6から「筑波大学中央」または「筑波大学循環(右回り)」行きのバスに乗車。「第一エリア前」下車(所要時間約10分)道路を挟んだ向かい側の計算科学研究センターの建物右の側道を抜けて、坂を上った所にあるスチューデントプラザ向かい側の建物です。


◆自動車利用の場合
「中央口案内センター」で駐車証を発行します。そのまま中央駐車場に駐車し、1D棟サテライト室1D301へお越し下さい。