• 文字サイズ:
    • 標準
    • 特大
開く

障害者スポーツボランティア・リーダー養成講座

~ダイバーシティを学びたい次世代のための~
障害者スポーツボランティア・リーダー養成講座


受講受付は終了いたしました。

趣旨


2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催や社会の多様化に伴い注目の高まる「ダイバーシティ&インクルージョン」において、これまで先進的な研究・取り組みを行ってきた筑波大学を中心とするアカデミックと様々な企業・業界で磨かれた実践知の双方の視点から、「ダイバーシティ・インクルージョン」に関する基礎や障害者スポーツボランティアに必要な基本知識を、実技を交え講習致します。


本講座(全2日間)の受講を通じて日本スポーツボランティアネットワーク認定のスポーツボランティア・リーダー資格が取得できます。今後スポーツイベントでのボランティアを希望される学生皆様の受講をお待ちしております。

開講日程


日程: 全2日間
2018年 9月12日(水)10:00~16:30
2018年11月18日(日)10:00~17:00

1日目(2018年9月12日)
場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)
時間内容講師
9:30~受付開始
10:00~10:20オープニングセッション五十嵐浩也 
10:2010:50オリンピック・パラリンピックが変える社会真田 久
10:5011:00休憩
11:0011:30ダイバーシティを科学する①
「そもそもダイバーシティって・・・?」
河野禎之
11:3012:00ダイバーシティを科学する②
「そもそも障害って・・・?」
竹田一則
12:00~12:50昼食・休憩
12:50-15:50障がい理解やホスピタリティなど
ボランティアに役立つノウハウを
企業での取り組み紹介や実践を交えて学ぶ
日本航空株式会社
株式会社リクルート
マネジメント
ソリューソンズ
16:00-16:10・スポーツボランティアについて日本スポーツ
ボランティア
ネットワーク
16:10-16:30クロージングセッション末富真弓

2日目(2018年11月18日)
日本ボランティアネットワークが実施する「スポーツボランティア・リーダー養成研修会」の受講を中心とするプログラムになります。
時間内容講師
10:00-12:10スポーツボランティア・リーダー養成研修会①日本スポーツ
ボランティア
ネットワーク
12:10~13:20【昼食休憩】パラリンピック・
ドキュメンタリーシリーズ WHOIAM

13:20~16:20スポーツボランティア・リーダー養成研修会②日本スポーツ
ボランティア
ネットワーク
16:30~17:00クロージングセッション(修了式)



受講対象者


18才以上27才未満で、スポーツボランティアに興味のある若者・大学生

受講人数

100名程度 (最低開講人数:60名)

受講費用

8,000(税込)全2日間 

※スポーツボランティア・リーダーのライセンス取得代(4.500円)を含む

募集締切日


 9月5日(水)15:00まで

修了証発行

① 2日間、午前・午後全てのプログラムに参加された方には、
  筑波大学発行の「受講修了証」が授与されます。

② さらに、全2日間の講座を受講し、スポーツボランティアリーダーの
  「
ライセンスの取得」ができます。(課題・レポート・評定あり)

学習のしかた

ライセンス取得に係る要件

1.研修時間は5時間の確保

2.参加者は1日目の開催までにJSVNのHP(https://spovol.net/)に登録する

3.1日目終了後から、1週間以内に、スポーツボランティア研修会(映像)の閲覧する

4.過去スポーツボランティア活動未経験者は2日目開催までにスポーツボランティア体験1回以上の参加をする

5.リーダー認定に顔写真が必要。1日目に会場にて撮影を行います

6.2日目最後に、リーダ認定証を配布(評価判定・課題レポートを合格した方のみ)



開講場所

1日目2018年9月12日(水)
筑波大学東京キャンパス文京校舎 (文京区大塚3-29-1)
地下鉄東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車徒歩3分https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

2日目2018年11月18日(日)
LMJ東京研修センター 5F (文京区本郷1-11-14小倉ビル)
詳細は下記のHPより
http://www.lmj-japan.co.jp/kaigishitu/02-1/map.html