• 文字サイズ:
    • 標準
    • 特大
開く

発達障害の特別支援教育PLUS+

~学習上・生活上のニーズに応える支援を実現するために~





受講受付は終了いたしました。

趣旨

  
 平成29年度・30年度の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の学習指導要領の改訂で、小学校等通常の学校における通級による指導では、「自立活動」の指導を行うことが明確化されました。障害からくる学習上・生活上の困難に対応する自立活動の指導のために、各教科の内容を取り扱うことがあったとしても、それは教科の補習ではなく、「自立活動」の課題の解決のためであることが、しっかりと意図される必要があります。また、カリキュラムマネジメントの観点、社会に開かれた教育課程の観点から、個別の教育支援計画と個別の指導計画の重要性が高まっています。

 このようなことから、本講座では、障害から生じる学習上・生活上のニーズに応える支援の実現に資する「障害科学」の知見を提供することを目的とします。



講師紹介

 
 (順不同)

 熊谷恵子  教授    筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 原島恒夫  教授    筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 柘植雅義  教授    筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 野呂文行  教授    筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 岡崎慎治  准教授  筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 小島道生  准教授  筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 米田宏樹  准教授  筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻

 大村美保  助教    筑波大学人間総合科学研究科 障害科学専攻



開催日程

8月3日(土)・4日(日) (2日間)

開催場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎1F多目的講義室1

1日目   8月3日(土) 9:00~16:50

9:00~10:40教室の中の発達障害:周りの環境(「級友」と「学級」)の視点から
(オリエンテーション5分を含む)
柘植雅義
10:55~12:30多層的な子どもの認知プロセスの評価と支援岡崎慎治
13:30~15:05発達障害のある人の自己理解の支援小島道生
15:20~16:50障害のある児童・生徒の保護者による虐待とその対応大村美保
2日目   8月4日(日) 9:00~16:50

9:00~10:40読みに影響する視覚の感覚過敏:アーレンシンドローム熊谷恵子
10:55~12:30聴覚情報処理障害と発達障害原島恒夫
13:30~15:05応用行動分析学を活かした発達障害児童生徒の支援野呂文行
15:20~16:50特別の教育課程の編成と個別の指導計画の作成
―学習指導要領の規定等から―
(閉講式5分を含む)
米田宏樹


※各講義の最後の5~10分程度は質疑応答の時間を設ける予定です。
※昼食は12:30~13:30まで、各自自由行動。(学外の飲食店も利用可能です)

受講対象者

教員、保育士、福祉施設職員等発達障害の支援に携わる専門職に従事している方

受講人数

  
  150名 (最小催行人数:100名)  先着順

 

お申し込み締切日

  
 2019年7月8日(月)まで
 2019年7月22日(月)まで延長しました!


 開講は決定していますので、先着順になります。

 お早目にお申し込みください。

受講費用

  
 1名 
20,000円(税込)

修了証発行

  
 2日間で3分の2以上のプログラムに参加した受講者には、筑波大学発行の受講修了証が授与されます。


開催場所

 


筑波大学東京キャンパス文京校舎(地下鉄東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車徒歩3分)
https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html